PhotoshopとIllustratorのOS対応表|お使いのMac OSとWindowsで動くのはどれ?

Creative Cloud

CSユーザーの皆さま、必見!
お使いのMacやWindowsのOSが、PhotoshopとIllustratorのどのバージョンに対応しているのか一目でわかる対応表を用意しました。新しい環境に対応し、パフォーマンスも向上した最新版は、日々の作業を快適に!よりスピーディーに!皆さまのクリエイティブワークをサポートします。(2020年1月更新)

Mac OS:PhotoshopとIllustratorの対応表

Photoshop (ver.21) (ver.20)
10.15  
10.14
10.13
10.12  
Illustrator (ver.24) (ver.23)
10.15  
10.14
10.13
10.12  

参考: Mac OS 10.15(Catalina)/ Mac OS 10.14(Mojave) / Mac OS 10.13(High Sierra) / Mac OS 10.12(Sierra) / 10.11(El Capitan)

この情報は、2020年1月時点のものです。内容に関しては予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

▶︎ Photoshopの必要システム構成の詳細はこちら
▶︎ Illustratorの必要システム構成の詳細はこちら

Windows:PhotoshopとIllustratorの対応表

Photoshop (ver.21) (ver.20)
10(64ビット版)
1809以降

1709以降
7(sp1)(64ビット版)
Illustrator (ver.24) (ver.23)
10
※1、※3

※2
7 (sp1)
※3

※1: Windows 10 バージョン 1507、1511、1703、1709 ではサポートされていません
※2: Windows 10 のバージョン 1507、1511、1607 ではサポートされていません
※3: 64 ビット対応必須

この情報は、2020年1月時点のものです。内容に関しては予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

▶︎ Photoshopの必要システム構成の詳細はこちら
▶︎ Illustratorの必要システム構成の詳細はこちら

各バージョンで追加された新機能は何?

2012年から2019年にリリースされたPhotoshopとIllustratorの各バージョンで追加された主な機能をまとめました。いつどんな機能がPhotoshopとIllustratorに追加されたのか、それぞれの機能一覧をダウンロードしてご確認ください。11〜12ページ目の「CS vs CC機能比較」では、よく行う作業を過去バージョンと最新バージョンで比較し、日常的な作業がスピードアップする一例をご覧いただけます。

  • CS6以降の動作環境リスト(Mac/Win)
  • 各バージョンで追加された主な機能
  • CS vs CC機能比較

POSTED ON 2016.08.8