Adobe モバイルアプリの歩き方 1. お絵描きアプリ編

Creative Cloud

「Adobe はモバイルに力を入れています!」… それでは一体どのアプリをダウンロードすれば良いのでしょう?

mobile-apps-showcase

上の図は 2015年1月現在、Adobe が提供を行っているモバイルアプリ、の一部です (!)。さまざまなクリエイターの方がスマホやタブレットの活用を始めています。そんな方に上のアプリをお勧めして直ぐに返ってくるのが「一体どれを? どこ見たら取説あるの?」– はい、私もそう思います! 少し目的別に整理し単純化したいと思います。

お絵描きアプリ

スケッチブックを iPad に持ち替えよう」これが Adobe の iPad 用ドローイングアプリです。紙と鉛筆、ペンでおこしていたデザインのドラフト作成を iPad と指、あるいはデジタルペンで行い Creative Cloud と繋げることにより、分断していたデスクトップでの本制作ワークフローに連携させていこう、というのがどのアプリも共通のコンセプトです。

お絵描きアプリは全部で3つあります – 気に入ったものを一つ選んでご利用頂ければいいですし、あるいはそれぞれの特性を掴んで使い分ける、というのもありです。自分にとって最適なお絵描きアプリを見つけて頂くために、先ずはこの二つのアプリを紹介します。

Draw and Sketch

Draw (ドロー)Sketch (スケッチ) の違いは、描けるのがベクタービットマップか、です。すでにデスクトップアプリとペンタブレットの組み合わせでデジタルドローイングに取り組まれている方であれば、理解しやすいかもしれません。Illustrator 派であれば DrawPhotoshop 派であれば Sketch となります。それぞれのアプリの使い方を以下のブログにまとめました。事始めを念頭に置きながら、可能な限りすべての特長、機能解説を網羅しようと試みたものです (足りない部分は追加していきます)。

3つめのアプリは Adobe Illustrator Line です。これはお絵描きアプリの範疇を超え、幾何学的な図、パース図といったちょっとした製図を行う機能を備えています。Line の解説は改めて行いたいと思います。

関連情報

POSTED ON 2015.01.8