アドビ、Adobe Acrobat Reader for Microsoft Intuneを提供開始。企業に安全なモバイル環境を提供し、生産性向上を支援 #AcrobatReader

Document Cloud 製品情報

アドビはドキュメントのあり方を刷新し、企業のドキュメント業務のあり方に変革をもたらすことを目指しています。その中でもドキュメント業務を素早く簡単、かつ安全に行えるようにすることを特に重視しています。私たちのお客様にとってモバイルは成功のカギです。モバイルは日々の業務に不可欠であり、日々の暮らしのあらゆる側面にも密接に関連しています。

Adobe Document Cloudは、当初からモバイルを重視して開発しました。その後もAcrobat Readerモバイルでできることを継続的に向上し続け、提供開始から数か月でモバイル機能をさらに強化しました。

企業のIT部門ではBring-Your-Own-Device(BYOD)への関心が高く、エンタープライズモバイル管理(EMM)に注力を払わなければならなくなってきています。企業情報を安全な管理を支援するため、先日、新たなデジタルサインサービスとモバイルアプリ機能を発表しました。

さらに、本日発表するのはモバイルアプリ版Acrobat Reader for Microsoft Intuneです。Microsoft IntuneはMicrosoft Enterprise Mobility Suiteに含まれる製品です。このモバイルアプリの提供はクラウド上に存在するものを含むアプリの管理を簡単にするというわたしたちのコミットメントを示すものです。

このアプリは、Microsoft Intuneのモバイルアプリケーション管理機能をネイティブサポートする世界初のモバイルアプリの1つです。

企業は、世界中最も普及しているPDFアプリであるAcrobat Readerのライフサイクル全体をIntune環境内で管理できるようになります。IT部門はアプリをフレキシブルに管理し、従業員は会社が承認したアプリをポリシーに則って安心して使用できます。

私たちは、Microsoftと力を合わせて開発にあたり、両者の志がひとつであることを確認しています(同社の英語ブログも併せてご覧ください)。Microsoftのエンタープライズクライアント&モビリティチームのコーポレートバイス プレジデントであるブラッド アンダーソン(Brad Anderson)氏から以下のコメントをいただいています。
「モバイルファースト、クラウドファーストの社会においては、企業のデータ保護とユーザーの生産性向上が同時にもたらされることが必須です。アドビとともにこの開発に取り組むことができ、嬉しく思っています。IntuneでAcrobat Readerの管理が行えるということは、両社の製品のお客様にとって、情報の利用者である従業員には使いやすい環境を提供すると同時に、IT部門には日々モバイルデバイスからのアクセスを受ける重要な企業データの保護を可能とします。」

モバイルワークフォースの実現

下記に具体的な利用イメージをご紹介します。

IT部門は、Intuneのコンソールから企業全体のモバイルデバイスを監督できます。モバイルアプリ版Acrobat Readerを導入することで、アプリの従業員向けのポリシーを簡単かつわかりやすいかたちで管理できます。

IT部門は、企業全体で使用されるモバイルアプリ版Acrobat ReaderをIntuneコンソールから導入および管理できます。
IT部門は、企業全体で使用されるモバイルアプリ版Acrobat ReaderをIntuneコンソールから導入および管理できます。

従業員は、モバイルアプリ版Acrobat Readerを自社のアプリポータルからダウンロードします。ダウンロードの際に、従業員にはそのアプリと、それがどのように使われるかがIT部門によって管理されることが通知されます。

従業員がモバイルアプリ版Acrobat Readerをインストールするときに、そのアプリが管理されることが通知されます。
従業員がモバイルアプリ版Acrobat Readerをインストールするときに、そのアプリが管理されることが通知されます。

従業員がモバイルアプリ版Acrobat Readerをインストールすると、自社が策定したポリシーに従って、これまでと同様にPDFを表示したり、操作を行ったりすることができます。

たとえば、IT部門は、従業員がビジネス関連のPDFをIntuneで管理されているモバイルアプリとのみ共有可能に設定することができます。また、企業データの漏洩を防ぐため、PDFのテキストや画像を、管理対象外のアプリにコピーペーストできなくすることもできます。あるいは、従業員が一定の時間が経った後にアプリを起動する場合に、Acrobat Reader用のパスワードを要求するように設定することもできます。

IT部門は、従業員がモバイルアプリ版Acrobat Readerを起動する際にパスワードを要求するよう設定することができます。
IT部門は、従業員がモバイルアプリ版Acrobat Readerを起動する際にパスワードを要求するよう設定することができます。

企業情報の保護を強化するため、デバイスを紛失した場合や従業員が退職した場合には、IT部門がモバイルアプリ版Acrobat Readerを、インストールされていたモバイル端末またはタブレットから関連する機密データとともに削除することができます。

デバイスを紛失した場合、または従業員が退職した場合、モバイルアプリ版Acrobat Readerへのアクセスを無効にできます。
デバイスを紛失した場合、または従業員が退職した場合、モバイルアプリ版Acrobat Readerへのアクセスを無効にできます。

デバイスを紛失した場合、または従業員が退職した場合、モバイルアプリ版Acrobat Readerへのアクセスを無効にできます。

Android用を提供開始。iOS用も今月中に提供開始予定

Android用Acrobat Reader for Intuneは既にGoogle Playで提供されています。また、iOS用も今月中にApple App Storeから提供開始予定です。ご期待ください。

POSTED ON 2015.11.18