アドビと日本マイクロソフト、中堅中小企業のビジネス効率化をクラウド支援。セット割キャンペーンを実施 #AdobeDC

Document Cloud

「Surface Pro 3 + 新しいOffice + Acrobat Pro DC」セット割キャンペーンを開始

【2015年5月21日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区)は昨年よりSurface Pro3とAdobe Creative Cloudを共同で訴求する取り組みを行ってきましたが、先般発表したクラウドのドキュメントソリューションAdobe Document Cloudを追加し、法人のお客様向けに場所やデバイスを問わないドキュメント業務の効率化とIT費用の標準化を支援するキャンペーンを開始します。

「Surface Pro 3+ 新しいOffice + Acrobat Pro DCのセットが、最大で約21,000円お得!セット割キャンペーン」は、Adobe Acrobat Pro DC、Office365 BusinessおよびSurface Pro 3を含むPC・タブレットを新規にセットで契約すると、初期費用が1セットあたり最大2万1,000円お求めやすくなる企業ユーザーを対象としたキャンペーンです。

今回のキャンペーンは、PDF化した提案書、社内マニュアル、製品・サービスの取扱説明書の作成・編集といった用途 でAcrobatやOfficeを利用されることの多い製造業など、法人のお客様に「いつでもどこでも必要なアプリやデータが利用できる」「初期費用が抑制できる」といったクラウドのメリットを提供するための日本独自の取り組みです。「テレワークの導入で生産性を高められないか」「社内のソフトウェア資産 をクラウド化し、OPEX化できないか」といった経営者のニーズにも対応する組み合わせです。

詳しい情報や、お見積り、ご購入は、下記キャンペーンサイト に掲載されているアドビ製品の取扱販売会社代理店までお問い合わせください。本キャンペーンは6月末まで実施いたします。

<キャンペーン概要>

キャンペーンタイトル

「Surface Pro 3+ 新しいOffice +Acrobat Pro DCのセットが、最大で約21,000円お得! セット割キャンペーン」

応募条件

Acrobat Pro DC、Office365 BusinessおよびSurface Pro 3を含むPC・タブレットを新規にセットで契約いただいた企業

キャンペーン期間

2015年5月1日(金)~2015年6月30日(火)

キャンペーン特別サイト

www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_CC=200626051

Adobe Document Cloudについて

Adobe Document Cloudは、場所やデバイスを問わずドキュメント業務の効率化を実現する個人および法人向けのクラウドサービスです。Adobe Document Cloudの核となるPDFソリューション「Adobe Acrobat DC」は、従来のAcrobatを刷新したタッチ操作が可能なインターフェイスや新たに提供されたモバイルアプリによってタブレットやスマートフォンを活用したPDFの入力、署名、共有を実現します。また、Document Cloudサービスを活用することで、どのデバイスからでも最近表示したファイルにアクセスすることができます。Adobe Document CloudおよびAdobe Creative Cloudのサブスクリプションユーザーは、Acrobat DCのすべての機能が利用できます。

Adobe Document Cloud/Adobe Acrobat DCに関する製品の詳細情報はこちら (https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat.html ) をご覧ください。

POSTED ON 2015.05.21