Adobe Advertising Cloud Searchでペイドサーチのパフォーマンスをレベルアップする

Experience Cloud 広告

昨年、AdobeはユニークなデータアクセスやAI(人工知能)、簡便なワークフローを備えた次世代のAdvertising Cloud Searchプラットフォームを発表しました。今年、私たちはAdobeのAI/機械学習技術であるAdobe Senseiによるパフォーマンス最適化のパワーや価値を飛躍させる大きなアップデートをもってAdvertising Cloud Searchをさらに進化させています。

ここ数年各主要検索エンジンは、より良いパフォーマンスを可能とする優れたアルゴリズムをもって、最適化テクノロジーの重要なアップデートをリリースしてきています。そのような改善の結果、サーチマーケターはサーチマーケティングの投資に対しどのように最高のパフォーマンスをドライブしていくべきか選択を強いられることとなりました。最高のパフォーマンスとは異なるプラットフォームで別々にパフォーマンスを管理することを意味するかもしれませんが、それは面倒で時間がかかります。

Adobe Advertising Cloud Searchは広告主のそのようなチャレンジを解決します

このジレンマを解決するため、Advertising Cloud Searchのパフォーマンス最適化機能に複数の媒体入札戦略を加えて強化しました。AI(人工知能)によるAdvertising Cloud Searchの入札テクノロジーには広告主に重要な価値を提供してきた長い歴史があります。(ブログで紹介しているクロックスのケーススタディ:Adobe入札テクノロジーの価値をみる: AI – A Game Changer for Paid Search?) 業界をリードし続けるために、現在Adobeのパフォーマンス最適化機能は、より包括的で多様な媒体入札テクノロジーの管理をサポートしています。このイノベーションはROASを自動最適化するために、サーチマーケティングの成果を評価し、様々な入札テクノロジーを活用しているキャンペーンを横断したメディア投資の最適なアロケーションを行います。

Adobe Advertising Cloud Searchは検索エンジンや入札戦略を横断したハイブリッド最適化を提供する業界で最初のプラットフォームとなります。Google スマート自動入札 が最初の媒体入札との連携となり、パフォーマンス最適化の機能が強化されていきます。サーチマーケターは現在Advertising Cloud SearchのプラットフォームでキーワードCPC、tCPA、そしてtROASの入札戦略を管理また最適化をすることができるようになります。

※ハイブリッドオプティマイゼーションは、現在リリースに向けて準備中です。

パフォーマンス最適化はペイドサーチのパフォーマンスを向上するために広告主の目標に対しての結果を評価し、メディア投資をキャンペーンや入札戦略を横断して割り当てます。

Advertising Cloud Searchのパフォーマンス最適化の強化により、ひとつのプラットフォームで入札戦略や検索エンジンを横断した最適化が可能となるため、サーチマーケターは時間を節約することができます。サーチマーケターはすべてひとつのプラットフォーム上で、パフォーマンスを分析するレポーティング・インサイトを取得し、入札戦略に関わらず最高のパフォーマンスを推進していると自信を持つことができるはずです。

パフォーマンス最適化の詳細はこちら

POSTED ON 2020.04.9