革新的デジタルイメージング製品を一気に発表 #AdobeMAX #Photoshop

Creative Cloud Photo

iPad 版 Photoshop CC、Project Aero、Project Gemini、Dimension CC 2.0 および Photoshop CC のメジャーアップデート

アドビは本日、とてもエキサイティングな発表を行いました。私たちは、Photoshop CC(正真正銘の Photoshop CC です)をさまざまなデバイスで使用できるように、つまり皆さんが、どこにいてもクリエイティビティを発揮できるように拡張しました。iPad 版からスタートし、そして準備が整い次第、他の OS や異なる形状のデバイス対応版を発表していきます。

これはすなわち、Photoshopの PSD ファイルを iPad で開き、デスクトップ版で慣れ親しんだツールをそのまま使用して編集できるようになるということです。編集作業の結果も、デスクトップ版とまったく同じです。その PSD ファイルは(お望みとあらば)、デスクトップ版で開いてシームレスに作業を続けることもできれば、iPad 上ですべて完結させることも可能です。皆さんが日々デスクトップ版で使用している、基になるコードとアルゴリズムを共有しつつ、デバイスの独自性を活かすべくユーザーエクスペリエンスを刷新した、iPad 上の「本物」の Photoshop です。

面白いのは、これは明らかな進化である、という点です。もちろん、進化は皆さんがアドビに求めていることです。しかし、アドビ内で実験を行うまでに進められたのは、デバイス(タブレットやスマートフォン)の性能がよりパワフルになった、ごく最近のことです。本物の Photoshop を、iPad やスマートフォン上で本当に再現できるのかという疑念はありました。しかし実験で驚くほど良い結果を得られた段階で(そのパフォーマンスには圧倒されました)、初めて正式にプロジェクト化することができたのです。本日は私たちが世界に向けて成果を披露する日であり、まもなく最初のバージョンを皆さんにお届けします。

今日、アドビが発表する Photoshop ポートフォリオ製品のアップデートは以下の通りです。

  1. デスクトップ版の Photoshop CC は Photoshop システムの中心にあり、画像合成、画像編集、ウェブサイトやモバイルアプリのデザイン、デジタルペインティングを行ったり、3D および AR ワークフローを実現するなど、無限のクリエイティビティを備えています。皆さんが長年お使いの Photoshop そのものに、新機能が追加されました。さらに、新たなクリエイティブアプリケーションのエコシステムの中で、PSD ファイルと他のコンテンツを同期させていくことを発表しました。大規模な機能アップデートは本日リリースします。エコシステムを通じた同期は、今後のリリースとなります。
  2. iPad 版 Photoshop CC は、Photoshop システムの最新の要素です。正真正銘の Photoshop がモバイルデバイスで使用できるようになりました。使いやすいユーザーエクスペリエンスと画像合成に必要なパワーと精確さを兼ね備えています。iPad 版 Photoshop CC 単体で使えますし、デスクトップ版の Photoshop と連携して使うこともできます。本日、プレビュー公開しました。正式リリースは今後となります。
  3. Photoshop システムのもうひとつの最新要素がクラウドドキュメントです。Photoshop システムのどこからでも PSD ファイルにアクセスできるようにするもので、iPad で開いて編集した PSD ファイルをデスクトップでも開いて編集できます。逆もまた可能です。Photoshop のブラシも、Project Gemini と同期されます。本日、プレビュー公開しました。正式リリースは今後となります。
  4. Dimension CC、Project Aero、Project Gemini といった領域に特化したアプリケーションも、それぞれ大きく、かつ独自のメリットを提供するとともに、皆さんにとっての Photoshop システムの価値を向上させるものです。
    • Dimension は、デザイナーの皆さんが使用できる 3D ワークフローを提供します。本日、大規模なアップデート (2.0) をリリース。
    • Aero は、デザイナーがARコンテンツを制作するためのツールです。本日、プレビュー公開しました。正式リリースは今後となります。
    • Gemini は、iPad などのデバイスに特化したドロー & ペイントアプリです。本日、プレビュー公開しました。正式リリースは今後となります。

本日、Adobe MAX でお知らせした、モバイル版の Photoshop、Project Gemini、すべてをつなぐクラウドドキュメントシステム、Project Aero の正式リリースは今後となります。

デスクトップ版の Photoshop CC と Dimension CC 2.0 の大規模アップデートは、本日のMAX 2018 でリリースします。

Adobe Photoshop CC

Photoshopの新機能についての詳細はこちらをご覧ください

本日のメジャーアップデートは、プロダクトにとって20回目のものですが、これまでと同様、ワークフローの高速化、使いやすさの向上、そしていくつかの目を見張るような新機能の開発に注力しました。

自動アップデート

まず、Photoshopのインストールとアップデートに関してお知らせします。

Creative Cloudデスクトップアプリ上の「アップデート」または「すべてをアップデート」を最初にクリックすると、自動アップデートの設定をたずねるダイアログボックスが表示されます。この機能を有効にするには「自動アップデートを有効化」を選択します。

環境設定でも、すべてのアプリの自動アップデートを有効化したり、個別アプリの設定を管理することができます。

詳細は、HelpXサイトをご覧ください。

コンテンツに応じた塗りつぶし

コンテンツに応じた塗りつぶしのエクスペリエンスを強化しました。選択領域周辺の、塗りパターンに用いるソースピクセルを追加または除外してスムーズに塗りつぶすように調整できます。

ソースピクセル選択が最終的な塗りにどう反映されるかを、確定前に確認できるライブプレビューパネルが追加されたため、プレビュー画像を確認しながらピクセル選択範囲の追加と削除ができます。コンテンツに応じた塗りつぶしは非破壊編集のため、変更を確定するとオリジナル画像はそのままに、選択内容を保持した新規レイヤーが自動的に作成されます。

このアップデートは、コンテンツに応じた塗りつぶし機能の提供開始以来、皆さんから多くご要望いただいていたものです。

フレームツール

画像を正確なサイズに調整するのに手間取ったり、テキストやシェイプのアウトラインで画像を切り抜く手順が複雑すぎると思ったことはありませんか? 新しいフレームツールはその両方を解決します。

新しいフレームツールは、画像サイズおよびシェイプのプレースホルダーであるフレームを作成します。フレームに画像を追加すると、フィットするよう自動的に拡大縮小されます。さらに、シェイプやテキストレイヤーをフレームに変換し、切り抜き形状として使うことができます。テキストレイヤーを選択し、レイヤーパネル上の右クリックでフレームに変換を選択し、あとは画像を追加するだけです。Adobe Stock画像、CCライブラリ、あるいは他の場所からのドラッグ&ドロップなど、画像はどこからでも持ってこられます。

シンメトリーモード

Photoshopにシンメトリーペインティングが追加されました。これにより、指定した軸を中心線とした線対称のブラシストロークを作成し、上図のような美しい曼荼羅を作成できます。この素晴らしい新機能を技術プレビューとして公開したのは昨年ですが、これを今回、放射状、曼荼羅といった新機能を追加して一般にリリースします。

この機能を技術プレビューとして公開した当時の動画をご確認ください。

この機能についての詳細は、公開当時に掲載されたジュリアン コスト(Julianne Kost)によるブログ(英語)をお読みください。

新しいホーム画面とアプリケーション内学習機能の向上

このバージョンでは、ホーム画面の抜本的な再デザインを行いました。ホーム画面ではPhotoshopの使い方を学んだり、アセットを開いたりできます。ホーム画面に新しく追加された「新しい機能」セクションでは、新機能すべてをその場で学習することができます。

Photoshopを習得中のユーザーの場合、ホーム画面には学習コンテンツとアプリ内チュートリアルシステムへのリンクが表示されます。また、実際のPSDの演習ファイルを使って学べるチュートリアルツアーも追加しました。

アプリ内チュートリアルシステムを追加したのは去年のことでしたが、今年はさらに多くのコンテンツを追加したほか、自分でアセットを編集しながら学べる仕組みを追加しました。

その他の強化機能

「元に戻す」コマンドの連続実行

今回のリリースで「元に戻す」は、直近のアクションから、一番最初に行った操作までを順番に元に戻していく、他のアプリと同じ動作をするようになりました。

変更の自動適用

テキスト入力、切り抜き、配置変更、あるいは変形で数値入力を行ったあとに新しいツール、レイヤー、カンバス上、あるいはカンバス領域外でクリックをすると、Photoshopは変更を自動的に適用します。これまでのようにトップバーの小さなチェックマークを探したり、リターンキーを押す必要はありません。値を変更したのち新しいツールまたはレイヤーをクリックするというシームレスな手順で変更値が確定します。

縦横比を保持した拡大縮小

ピクセルと画像およびテキストレイヤーにはデフォルトで縦横比を保持したまま拡大縮小(英語)できます。画像を拡大縮小する際にシフトキーを押す必要はありません。

ダブルクリックによるテキスト編集

移動ツールでテキストレイヤーをダブルクリックするだけで(英語)テキスト編集を開始できるようになりました。

基準点の非表示

Photoshopを使い始めたばかりのときはその複雑さに戸惑うことがあります。私たちはそのようなユーザーの不用意な誤操作を減少させるため、レイヤー中央に表示されていた基準点をデフォルトで非表示にしました。

パネル位置の固定

作業中にパネルを誤って移動してしまわないように、ロックを可能(英語)にしました。パネルのロックを解除すれば、ワークスペースの配置を自由に変更できます。さらに、UI全体を見直し、意図しない要素の移動を生じにくくしています。

描画モードのプレビュー

描画モードのオプションをスクロールするだけで、カンバス上で画像がどのように変化するかを、モードを確定する前(英語)に確認できます。

マッチフォントの日本語フォント対応

マッチフォント機能で日本語フォントが検索可能になりました。マッチフォントは画像内の選択範囲に含まれる文字を解析する機能です。Adobe Senseiが、システム上またはAdobe Fontsに収録されているもののなかから類似のフォントを検出し、表示します。

5つの東南アジア言語のサポート追加

Photoshopにタイ語、ビルマ語、ラオ語、シンハラ語、クメール語の5つの東アジア言語サポートを追加しました。Photoshopにはいくつかの東南アジア語フォントが同梱されており、この機能の活用に役立ちます。これら追加言語を利用するには、テキスト環境設定で「中東および東南アジア」のテキストエンジンオプションを選択するか、段落パネルのフライアウトメニューから選択します。

ユーザーリクエストの反映

皆さんからの声に私たちは耳を傾け、フィードバックサイト(英語)にお寄せいただいたご要望の中から以下のものを今回のアップデートに反映しました。

オブジェクトの等間隔分布(Illustratorのような):「Photoshopにはオブジェクトの中心点を基準に均等配置する機能がありますが、それだとオブジェクトが異なるサイズのときに間隔がバラバラになってしまいます。」今回、オブジェクトの等間隔分布(英語)が可能になりました。

数値フィールドでの演算:「Photoshopには数値入力フィールドが数多くありますが、そこで算術演算をしたい場合があります。」今回「200/2」(最終入力値は計算結果の100)のような簡単な算術演算を入力可能(英語)になりました。既存値を乗算あるいは除算した値にすばやく変更したい場合に便利な機能です。

長いレイヤー名の末尾の確認:「レイヤー名が長すぎると、Photoshopは末尾を省略し、三点リーダー(…)として表示します。」今回、Photoshopはレイヤー名の先頭と末尾を保持し(英語)中間部分を三点リーダーで省略するようになりました。

その他、キャンバスを水平方向に反転する文書反転ビュー(英語)、サンプルテキストを即座に配置するLorem Ipsumテキストモード(英語)、選択とマスクワークスペース用のカスタマイズ可能なキーボードショートカットなどの強化機能があります。

今回と直近のPhotoshopアップデートについての詳細はこちらをご覧ください。

この記事は、2018/10/15(米国時間)にポストされたAdobe Unleashes Wave of Imaging Innovationを抄訳したものです。

POSTED ON 2018.10.15

Products Featured

  • Photoshop

Tags