アドビ、Sansan Innovation Project 働き方2020に出展。「春のモバイルワーク抽選会」と「Adobe Sign体験デモ」を実施 #AdobeSign #AdobeScan

Document Cloud 製品情報

アドビは2018年3月16日、Sansan株式会社が主催した「Sansan Innovation Project 働き方2020」に出展しました。展示ブースでは、抽選で豪華プレゼントが当たるキャンペーン「春のモバイルワーク抽選会」と、Adobe Signの体験デモを実施しました。

春のモバイルワーク抽選会では、参加者がスマートフォンでキャンペーンに参加。各条件(※キャンペーンフライヤー参照)をクリアして、抽選会に挑戦いただきました。
キャンペーンの1つ、「一度やってみたい働き方は?」の質問で最も多かった投稿画像は、「ひと泳ぎしたあとで上司に稟議書の承認を依頼」でした。キャンペーンにご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

SpringMobileWorkEvent_ページ_1
「春のモバイルワーク抽選会」 キャンペーンフライヤー
「一度やってみたい働き方は?」をテーマにしたパネル

また、カフェブース前では、Adobe Signを体験いただくデモンストレーションを実施。体験は「機密保持契約書に署名する」といった想定で、アドビスタッフから来場者へAdobe Signを介して署名を依頼し、来場者は体験用のタブレットを使って、ご自身のお名前をサインするという、スピーディーなAdobe Signのプロセスをご体験いただきました。

時間・場所の制約なく、迅速かつ安全に業務を遂行。働き方改革を推進する「Adobe Sign」とは

Adobe Signは、アドビが提供する法的に有効な電子サインソリューションです。キャンペーンにもあるとおり、契約書、稟議書、納品書などのデジタル文書の作成から送信、署名、トラック、管理までの一連のプロセスを完全デジタル化し、どこからでも迅速かつ安全に業務を遂行できます。これまで紙で行なっていた文書などへの署名をデジタルに置き換えられることにより、紙のやり取りにかかる時間とコストを大幅に削減できるだけでなく、業界標準のセキュリティと監査証跡により、コンプライアンスを強化できます。 既存のシステムやプロセス内で動作するため、組織の規模や業種にかかわらず、すぐに導入が可能です。

セミナーで配布されたプレゼン資料もその場でPDF化!モバイルワークを実現する「Adobe Scan」

Adobe Scanは、アドビが提供する無料スキャンアプリです。OCR(テキスト認識機能)により文書検索が出来、テキストにハイライトやコメントを追加することもできます。昨年6月にiOSとAndroidの両方をリリース以降、グローバルで730万回以上ダウンロードされており、月間アクティブユーザー数は230万人を記録しています。Adobe Scanは、名刺やビジネス文書などを手軽にPDF化できるほか、Adobe Acrobat DCやAdobe Signと合わせて利用することで、Adobe Scanで取り込んだドキュメントの編集や、取り込んだ文書に電子サインを付与して送信することができます。通勤時間などのスキマ時間を最大限に活用した「モバイルワーク」をAdobe Scanで体感してみてはいかがでしょうか。

POSTED ON 2018.03.29