連載

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(12)カラーフォントという新しい道具、そして絵文字

カラーフォント(別名「OpenType SVG)は、PhotoshopではCC 2017から、IllustratorはCC 2018から使えるようになっています。 そもそもカラーフォントとは何か?どのように使うのか、また、どのように作るのか...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(11)機能としては搭載されない表組み。飄々と実装するテクニック

Illustrator CC 2018は、バージョンにして22になりますが、「表組み」作成機能はありません。しかし、国民性として「表組みを好む」と言われている日本では、制作の上で必要になる場面が頻繁にあります。 今回は、Illustrato...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(10)CSVサポートで身近になったデータ駆動グラフィックでアートワークのバリエーションを作成

「変数」機能を使った「データ駆動グラフィック」は、Illustrator 10(2001年にリリース)から搭載されています。しかし、これを使うためにはXMLファイルの準備が必要なため、使うのに躊躇される方が多いようでした。 Illustra...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(9)3つの「スタイル」を使い分けて効率アップ。修正時の更新もラクラク

文章量が多い制作物では、見出しや本文ごとに特定の書式(フォント、フォントサイズ、カラー)などを使い回します。 フォント、サイズ、カラー、行送りなどの情報を「段落スタイル」として登録しておくことで、ほかの段落にも1クリックで適用できます。 さ...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(8)Illustratorでの「座布団」の実装方法アレコレ

テキストの背面に敷く四角形や丸などの図形を「座布団」と呼ぶことがあります。 テキストとは別に図形として描画するほか、エリア内文字やアピアランスを使うと、文字の増減や改行に応じて、自動的に大きさ変更が可能になります。 今回は、「座布団」の実装...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(7)埋め込み?リンク?ビットマップ画像の配置と、配置した画像の二次利用

Illustratorの制作フローでは、ベクトルオブジェクトだけでなく、ビットマップ画像を配置しながら進めていきます。 その際、画像を埋め込むのか、または、リンクするのか、といった切り分け問題や、リンク時のパス(ファイルの場所指定)、ネイテ...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(6)正統派ベジェ使いの方はもちろん、ベジェが苦手が方も知っておきたいIllustratorでのパスの扱いの進化

今回は、パスまわりについて取り上げます。 「ベジェなら任せて!」という方はもちろん、ベジェでつまづいている方も、Illustrator CCでの強化ポイントについておそえておきましょう。 セグメントのリシェイプ:ベジェに不慣れな方の強力な味...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(5)CC以降、テキストの扱いで変わったこと

今回は、CC以降のIllustratorのテキスト関連の機能強化や微調整についてまとめてみます。 「よく使うフォントをスピーディに選択したい」というフォント選択だけでも、大きく手が入っていますので、棚卸しとしてご一読ください。 チェックリス...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(4)すべてのカラーリングは、ライブカラーにおまかせ

今回、取り上げるのは「ライブカラー」です。 「カラーバリエーションを作るときに便利」な機能としてIllustrator CS3から実装されていますが、カラーシミュレーションだけでなく、使いどころが多い奥深い機能です。 一度知ったら手放せない...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(3)メリットいっぱい、使ってこなかったことを後悔するシンボルの活用

「直しに強いデータ」の続編として、今回、取り上げるのは「シンボル」です。 Illustratorにシンボル機能が搭載されたのは、さかのぼること16年前の2001年リリースのIllustrator 10から。 その後、9スライス(Illust...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(2)直しに強いデータ作り[複合シェイプ、文字タッチツール編]

第2回からは「直しに強いデータ作り」をテーマに展開していきます。 直しに強いとは? 近年、「時短」が仕事の上でのひとつのキーワードとなっており、「ハヤサ」も品質のひとつとして認知されるようになってきています。 「ハヤサ」には、2つの側面があ...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(1)インターフェイス総点検

ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識の姉妹編として、Illustrator版の連載をスタートすることになりました。どうぞ、よろしくお願いします。 今回は、画面まわりやズーム/スクロールなど、基本的なところについて取り上げま...