Adobe Analytics

安西 敬介

Adobe Analytics Attribution IQのリリース

広告の間接効果をより詳細に評価し、その貢献度に応じて評価を行っていくアトリビューション評価については、日本では2013年ごろに一度大きく盛り上がりました。しかし、その頃はまだデータを抽出し、アトリビューションの計算をするといったことになって...

Adobe Experience Cloud

データを活用して優れた顧客体験を創出

飛行機の遅延、荷物の紛失、不安なタクシー乗車、騒がしいホテルの宿泊客。旅行にまつわるストレスを切実な問題と考えてきたMarriottは、つい最近になって、こうした問題をデータによって和らげる方法を発見した。 それは、ホテルの宿泊だけにとどま...

Adobe Comms

Adobe Digital Insights: eコマース大手におけるPrime Dayの売上が通常の火曜日より54%アップしたことが明らかに

アドビは、Adobe Digital Insights (ADI) の最新レポートとなる「デジタルドルレポート (Digital Dollar Report)」で、米国におけるオンラインショッピングに関するトレンドを公開しました。この調査で...

Adobe Experience Cloud

フィンテックの新興企業がCPAを劇的に改善

buxのモバイルウォレットアプリの開発陣が目指しているのは、あらゆる人がお金を容易かつ安全に移動できるようにすることだ。

Adobe Experience Cloud

データ中心の時代に備える

今日のビジネスシーンにおいて、データ以上にパワフルなものはない。データは企業のあらゆる意思決定、特にマーケティングに関する意思決定プロセスには欠かせない要素となっている。しかし、企業はさらに多くのデータを収集する中で、それをいかに行動へとつ...

Masatoshi Kawachi

Adobe Experience Cloud の紹介 #AdobeIO

Adobe は Photoshop や Illustrator などのクリエイティブツールを提供する Creative Cloud ソリューション、 Adobe Acrobat DC や Adobe Sign などのドキュメントワークフロー...

Adobe Experience Cloud

データ、分析、ベンチマークなど、顧客体験中心のビジネスにおけるデータの意味を理解する

衣類や家庭用品などのディスカウント販売を手掛けるグローバルな小売事業者が、データ分析から興味深いデータを発見した。同社の主な顧客層は、品質の高い商品を安く買いたい消費者、すなわち、普段はデパートなどを利用している人たちだ。2015年2月12...

Adobe Comms

顧客分析ソリューション分野に関する「The Forrester Wave」で、アドビがリーダーに選ばれる

客先や業界イベントで「顧客に関する貴重なデータは入手できているが、もっとうまく活用する必要がある」というコメントをよく聞きます。企業はデータには価値があることを認識しているのです。今日、どんな職務であれ、データから得た実用的なインサイトを活...

Adobe Experience Cloud

ジャーニーマッピング:ビッグデータは忘れがたい顧客体験をいかに作り上げるか

ジャーニーマッピングは、単なるスクリーン上の顧客とのやり取りを超越した、顧客体験中心のマーケティングを可能にします。ジャーニーマッピングを使用すれば、企業はエンタープライズレベルの巨大なデータを取得し、それを利用して、顧客ごとに詳細にターゲ...

akihiro kamijo

ユーザー (UX) 調査の入門ガイド Part 2: 調査方法と分析のヒント(UXデザイン入門シリーズ)| アドビUX道場 #UXDojo

ユーザー (UX) 調査の入門ガイド Part 2では、ユーザー調査をさらに掘り下げて、具体的な調査方法と結果の分析について解説します。 「調査」というトピックは非常に幅広いため、この記事はユーザー調査の簡単な入門書という位置づけですが、定...

Adobe Comms

Advertising Analyticsで正確なアトリビューション分析が可能に

多くのブランドにとって、新規顧客へのリーチと既存顧客のリテンションに最も有用で信頼がおける施策のひとつが検索連動型広告です。2017年には全世界で924億ドル(英語)(日本円で約10兆円)が使われたと予測されています。その価値は明白で、マー...

Adobe Experience Cloud

クロスデバイスマーケティング:成功への3つのポイント

成人の約60%が1日に2種類以上のデバイスでやり取りをしている今日、マーケティングキャンペーンは、デバイスではなく人をターゲティングしなければならない時代になりました。