Brackets

半田 惇志

SVGのイメージマップでレスポンシブにも対応。Dreamewaverで効率的なイメージマップ作成

画像内の特定の箇所をクリック可能にするイメージマップ。ユーザーとして、誰もが一度は使用したことがあるのではないでしょうか。 しかし、開発する側にとっては、イメージマップのコードは直感的に記述・理解できるものではないという難点があります。 ま...

Adobe Comms

Brackets 1.10 リリース!UTF8以外の複数エンコードサポート、擬似セレクターコードヒントなど

Brackets 1.10がリリースされました。今回の主なリリース内容は以下の通りです。 Brackets 1.10 最新機能 複数のエンコードのサポート Bracketsが40種類以上のファイルエンコードに対応するようになりました。様々な...

Adobe Comms

Brackets 1.9 リリース – ブラウザ上で選択したエレメントのコードハイライト機能など

Bracketsの最新版が3/23にリリースされました。ライブプレビュー中にブラウザ上でエレメントを選択すると、対応するコードがハイライトされる機能などが追加されています。今回の主なリリース内容は以下の通りです。 Brackets 1.9 ...

Adobe Comms

Bracketsユーザー調査(2017年)の集計結果:デザインから開発まで行う「フルスタックWebクリエイター」が利用

Brackets開発チームブログに、先日実施した2017年度のBracketsユーザー調査の結果が公開されました。実施期間は短かったですが、世界中から2,500名を越えるBracketsユーザーの回答を得られましたので、その集計結果をお知ら...

Adobe Comms

Bracketsユーザーのみなさま、アンケートにご協力お願いします!

Brackets開発チームが2017年度のBracketsユーザー調査を行っています。5分程度で完了するアンケートなので、Bracketsユーザーの方はぜひご協力をお願いします。アンケート内容は、現在利用しているアプリやサービス、HTMLや...

森田 壮

現場で役立つ実践Sass(5)関数も使おう

第5回目は、Sassの関数(functions)について紹介します。 プログラミング言語では必ず出てくる関数。Sassでは主にCSSの値を処理する際、例えば、あるプロパティで指定した色を「30%明るい色の値にする」といった目的で使用します。...

酒井 優

完成した2017年リリースのDreamweaver CCはBracketsにどの程度近づいたか

ここ数ヶ月、DreamweaverはBeta版という形でコーディング環境に新しい機能を追加してきていましたが、先日のAdobe MAXで2017年リリースのDreamweaver CC が発表され、すでに皆さんの手元でも完成品が使えるように...

森田 壮

現場で役立つ実践Sass(4)MixinとExtendの使いどころ

第4回目の今回は、Sassの利便性を大幅に加速させる、MixinとExtendの使いどころについて紹介します。 先日、生まれ変わったDreamweaverベータ版が遂に公開されました。Bracketsエンジンによるエディター機能の強化や、C...

酒井 優

DreamweaverにBracketsが入ることで何が変わるのか

先日アドビから発表されたDreamweaverベータ版には、エディターのコードビューの箇所に、同じくアドビが開発しているオープンソースのコードエディター「Brackets」が組み込まれています。これがどういうことなのか、この記事ではBrac...

久保 知己

Dreamweaverで覚える最新Web開発ワークフロー: Sass編

先日公開されたDreamweaverベータ版は、高機能で効率的なモダンなツールとして生まれ変わるべく、Bracketsがエディタに取り込まれ、UIにはダークなテーマが適用されるなどの大きな変更が行われています。より詳しい情報は、完全に生まれ...

Adobe Comms

完全に生まれ変わる次世代 Dreamweaver ベータ版を先行公開 ー コードエディター刷新、ダークUI、Sass/LESS対応

この記事は、2016/6/21 にポストされた See How Dreamweaver is Transforming for the Futureを抄訳したものです。 これまで19年の間、Dreamweaverは世界中のユーザーと数百万に...

森田 壮

現場で役立つ実践Sass(3)変数を使いこなす

変数はSassで最も使う機能の一つです。 変数を使うことでコードの再利用性が高くなるため、モジュール化やMixinには欠かせない機能です。 第三回目の今回は、Sassの変数まわりの仕様とTipsを紹介します。 ※今記事はRuby Sass ...