最高のプレゼンテーションには最高の画像を #AdobeStock

Adobe Stock Creative Cloud

百聞は一見にしかずと言いますが、人々の注意を引きつけるには、インパクトのあるビジュアルがとても効果的です。新たにAdobe Stockが提供するMicrosoft PowerPoint用アドインを使えば、プレゼンテーションの内容にふさわしい画像を簡単に検索することができます。キーワード検索だけでなく、テーマ別に整理されたコレクションから選んだり、手持ちの画像をアップロードしてAdobe Stockから類似画像を探すビジュアルサーチを行うことも可能です。

PowerPointでAdobe Stockを利用する際の便利な機能を以下にご紹介します。

ビジュアルサーチ

ビジュアルサーチは、アドビの高性能なマシンラーニングに基づくテクノロジーであるAdobe Senseiの技術を活用して、Adobe Stockから最も適切な画像を選び出します。従来のキーワード検索にかわる検索方法であるビジュアルサーチでは、画像を検索バーにドラッグ & ドロップすれば、そのサンプル画像と似たカラー、トーン、構図を持つロイヤリティフリーの高品質素材が表示されます。

PowerPointでのプレビュー
ユーザーは、プレビュー画像を使ってPowerPointのスライド上でデザインを試した後に、プレビュー履歴から最適なプレビュー画像を選択して、簡単にライセンス購入することができます。また、過去にプレビューした画像のファイル番号を検索し、いつでもその画像を呼び出すことができます。

ライセンス履歴
Adobe Stockのアカウントにログインすれば、Adobe StockのWebサイトやAdobe Creative Cloudアプリから、ご自身(あるいはチーム)がライセンス購入したコンテンツ履歴を合わせて確認することができます。
PowerPointのアプリの中でアカウントのライセンス履歴を呼び出して、過去にライセンス購入した画像を再利用することができます。こうすることで、自身やチームメンバーが過去にCreative Cloudアプリで作成したプレゼンテーションと同じトーンに仕上げることができます。

Adobe Stockプロダクトマネジメント シニアディレクターのジークコッチ(Zeke Koch)は次のように述べています。「現在、Adobe Stock利用者の大半がAdobe Creative CloudとMicrosoft Officeを使用していますが、Adobe StockにPowerPoint上から直接アクセスしたいという声を数多くいただいてきました。今回の連携により、デザイナーやビジネスユーザーの方々がAdobe Stockのアセットをシームレスにプレゼンテーションにご利用いただけます。アドビはMicrosoftと共に、引き続きカスタマーエクスペリエンスの向上に取り組んでまいります。」

MicrosoftのOffice 365エコシステム担当ディレクターのロブ ハワード(Rob Howard)氏は次のように述べています。「PowerPointでAdobe Stockが直接利用できるようになったことをとても嬉しく思っています。Adobe Stockの高品質な画像コレクションへのアクセスに、アドビ独自のビジュアルサーチテクノロジーが統合され、PowerPointユーザーは美しくデザインされたプロフェッショナルなプレゼンを作成するために最適な画像をより効率的に見つけられるようになりました。」

無償アドインのインストールについては、Microsoft Office Storeをご参照ください。

この記事は、2017/6/13(米国時間)に投稿されたThe Best Images Make the Best Presentationsを翻訳したものです。

POSTED ON 2017.06.14