Audition CCでよりインテリジェントなオーディオ編集を #AdobeAudition #IBC2018

Creative Cloud Video

Audition CCの次期リリースでは、UIのアップデートと基本機能の強化を実施しました。さらに、Adobe Creative Cloudではもはや当たり前となった、スマートな機能とパワフルなワークフローを提供する、よりインテリジェントなツールとなっています。

バックグラウンドノイズやリバーブの影響のない完全な音響環境下で、録音できることはまずありません。Auditionの新しい「DeReverb」と「DeNoise」エフェクトは、機械学習ベースの先進的アルゴリズムを基盤に開発されたもので、ノイズプリント(ノイズ削減に用いるサンプルパターン)の使用も、複雑なノブやスライダーの操作も、長い処理時間も必要なく、業界最先端のノイズリダクション効果を提供します。

リダクションの適用強度を1つのスライダーで調整し、処理を集中する周波数領域をシンプルなボタンで指定するだけです。時間がない時には、エッセンシャルサウンドパネルからエフェクトを選択し、ワンクリックで修復とミキシングをAuditionおよびPremiere Proで行うことができます。

新しいDeReverbとDeNoiseは、これまで救出不能だった低品質な録音を修復できる魔法の手です。

サウンド編集機能の強化と同様に、AuditionのUIも新しいルック&フィールをまといました。クールな背景の手前に明確な色彩で表示されるようになったクリップでは、選択範囲も反転表示され視認性が高まるとともに、UI全体がすっきりと整理されました。

カラーピッカーがアップデートされ、トラックとクリップのカラーを一貫して指定することができるようになります。これはチームで作業をする際に非常に重要な機能で、個人作業であっても柔軟なカスタマイズ性を提供します。さらにクリップゲイン調整は、よりクリップ編集に注力できるよう強化され、個々のオーディオクリップすべてにゲインコントロールが配置されるようになりました。さらに、ゲイン調整作業時のリアルタイムの波形スケールの変更は視覚的にフィードバックされるため、クリップボリュームの調整を、耳と目で確認しながら行うことができます。

AuditionのUIアップデートには、ハイコントラストな波形表示、選択範囲の反転表示、すっきりしたレイアウト、マルチトラッククリップとトラックのカラー指定が容易に行える新しいカラーピッカーが含まれます。

インテリジェントな機能と新しいUIだけでなく、今回のAuditionアップデートには再生と録音のパフォーマンス強化も含まれています。

高価で扱いの難しいハードウェアユニットに追加投資することなく、一般的なコンピューターを使って、128以上のオーディオトラックの再生(または32トラックの録音)を同時かつ低遅延で行えるようになりました。

専用ハードウェアに追加投資することなく、これまでになく多くのトラックを低遅延で再生または録音できます。

「トラックの追加」ダイアログを使えば、複数のオーディオおよびバス トラックをすばやくセッションに追加できるため、大規模なセッションのタイムラインも迅速にセットアップできます。

新しい「トラックの追加」コマンドで新規セッションを作成したり、「空のトラックを削除」をワンクリックするだけで使っていないトラックを一度に削除することもできます。

他にも小さいながら重要な改善点があります。新しく追加された「Zoom to Time」表示オプションは、タイムラインの表示範囲を再生時間で正確に指定できる機能です。用意されたプリセット時間から選ぶだけでなく、カスタマイズしたプリセットを登録することですばやく望みの詳細度にアクセスすることもできます。この機能がCMやティーザーのような尺の決まったプロジェクトで有用なのはもちろんのことですが、サウンドトラックやポッドキャストのような長尺プロジェクトでも自分のリズムに合わせた作業環境を柔軟に作り出すことができます。

新たな「Zoom to Time」コマンドは、フレーム/秒、分と秒単位、小節と拍といったすべての時間表示形式に対応しています。

参考リンク

この記事は、2018/9/12にポストされたAudio Gets More Intelligent in Audition CCを翻訳したものです。

POSTED ON 2018.09.18