Creative Cloudのビデオとオーディオツールの最新版をリリース #AdobeMax

Creative Cloud Video

Adobe MAX 2018で、よりスマートになったツール、向上したパフォーマンス、シームレスなアニメーションワークフロー、まったく新しいAdobe Premiere Rush CCを発表

アドビは、ビデオとオーディオツールの最新版をリリースしました。このリリースには、Adobe SenseiのAIに基づく様々な機能、アニメ制作者のためのアプリ間連携ワークフロー、生産性とパフォーマンスの向上、新製品Adobe Premiere Rush CCが含まれます。

新製品Adobe Premiere Rush CC

Adobe Premiere Rush CCは、移動中でもどこでも、異なるデバイス間でプロ品質のビデオの制作と共有ができる新しいアプリです。アドビの中核技術を基盤に開発されており、場所を選ばずコンテンツの撮影から制作、公開まで行うことができます。また、作品をさらに高い水準に仕上げたい場合は、Premiere RushのネイティブプロジェクトをPremiere Proで開いて編集することもできます。

Adobe Senseiによってさらに強化されたツール

アドビは、Adobe Senseiによる人工知能 (AI) 機能で業界をリードしています。AIによって機械的な作業を早く完了させ、アーティストは自分のアートにより多くの時間を投入することができます。Adobe Senseiによって強化されたアドビの最新ツールも、例外ではありません。

Adobe Character Animator CCの一部となったCharacterizerは、AIを活用し芸術性の新たな境地を切り開きます。Adobe MAXのスニークではProject Puppetronとして披露されたCharacterizerは、アートワークをアニメーション化したキャラクターに変えることができます。アートワークをCharacter Animatorに取り込めば、わずか数秒で新しいオリジナルのキャラクターに変換できます。Character Animator のパペット同様、キャラクターの動きを録画することもできます。

Adobe Senseiのその他の技術として、当初Character Animatorの機能の一部として搭載された自動リップシンクがあります。自動リップシンクが今回Animate CCで使えるようになり、口の動きをとらえリアルに話すアニメーションを作成できるようになりました。

AuditionPremiere Proはさらにスマートになり、インテリジェントなオーディオクリーンアップツールが加わりました。エッセンシャルサウンドパネルのノイズ除去およびリバーブ除去のスライダーを使用すれば、リバーブとバックグラウンドノイズの除去が今まで以上に簡単になりました。

進化したアニメーション

アドビは、新しいAIに基づくテクノロジーであれ、アニメーション化の従来の手法の刷新であれ、アニメーションにおける限界を押し広げることを目指しています。一層パワフルな制作のために簡素化された新しい統合ワークフローにより、今後アニメーターはさらにスピーディーに自分のビジョンを形にすることができます。

  • Animate CCからAfter Effects へ:Adobe Animate CC のプロジェクトを、After Effectsで直接開き修正ができます。レイヤーやサウンドの組成はそのままに、After Effects の強力なツールセットをAnimateのレイヤーに適用し、合成やエフェクトの追加をすることができます。
  • Adobe XDからAfter Effects へ:両アプリケーション間の連携ワークフローにより、After Effectsの高度な性能を活かして、モーションをAdobe XDのデザインに取り込むことができます。
  • Animate CCとCharacter Animator CC:EPSやSVGのグラフィックスをCharacter Animatorで読み込むことができます。さらにAnimate CCもSVGのグラフィックスを書き出すことができ、アーティストはAnimateの要素をCharacter Animatorに取り込み、異なるシナリオや用途に使用することが可能です。

さらに、After Effectsで使える高度なパペットピンといった新しいメッシュスカルプティングツールを活用することによって、アニメーションに命を吹き込むことができます。深度パスにより、3Dのオブジェクトを空間に配置したり、動画に次元の要素を簡単に加えることもできます。エクスプレッションはさらに簡単に作成でき、従来の5倍の速度で動作します。モーショングラフィックステンプレートの洗練された新しいオーサリング機能も、ぜひ試してみてください。

一層磨きがかかった最高の編集とオーディオツール

アドビは、Premiere ProAuditionのアップデートなどのポストプロダクションツールの改善、拡充に常に取り組んでいます。

Premiere Pro は、現在、セレクティブカラーグレーディングを搭載しており、新しい5つのカーブによるカラー調整ツールにより、精確なカラー補正がより容易かつ素早く行えます。縦軸は、カーブ上にポイントをドラッグする際、調整できる幅を示します。新しいエンドツーエンドのVR180に対応しており、単眼立体視と双眼立体視の180度コンテンツの取り込みの最適化、編集、エフェクトができます。また、微調整を施し洗練されたモーショングラフィックスのワークフローによって時間の節約もできます。

Audition はリバーブやノイズ除去に役立つインテリジェントなオーディオクリーンアップにくわえ、さらに早くなったマルチトラックの録音とミキシングの機能を提供しています。ビデオ、放送、ポッドキャスト、サウンドデザインなど、全てのオーディオプロジェクトで必要とされる全てのツールがすべて搭載されています。128のトラックの再生も、32のトラックの録音も、低遅延や取りこぼしがなく行え、独自のハードウェアも不要です。美しく洗練されたユーザーインターフェイスの使い心地をお楽しみください。

アドビを選ぶべき理由

アドビは、世界最高峰のクリエイティブツールをデザインから配信まで、制作のあらゆる段階に付加価値をもたらす統合されたワークフローとサービスを提供しています。Adobe Stockチームプロジェクト、モーショングラフィックスワークフロー、アニメーション、VRを始め、アドビはアーティスト、編集者、映画制作者やデザイナーに、世界中のオーディエンスを驚かせるようなストーリーを語る上で必要なツールをすべて提供しています。(ハリウッドのヒット映画『search/サーチ』『オールド・マン・アンド・ザ・ガン』では、実際にクリエーターがアドビのツールを使ってストーリーを巨大スクリーンで表現しました)

製品のアップデートを継続的に行っているので、お気に入りのアドビ製品のアップデートについては、ブログをご覧ください。

この記事は、2018/10/15(米国時間)にポストされたAvailable Now: The Latest Release for Creative Cloud Video and Audio Toolsを抄訳したものです。

POSTED ON 2018.10.15

Products Featured

  • Adobe XD
  • After Effects
  • Audition
  • Character Animator
  • Premiere Pro
  • Premiere Rush