Character Animatorの効率性と柔軟性が向上 #CharacterAnimator

Creative Cloud

Adobe MAXでのベータ版発表以降、Adobe Character Animator CCはアニメーションに対するアプローチの方法を進化させています。脚本のあるシリーズ、短納期プロジェクト、ライブおよびインタラクティブパフォーマンスに関わるアニメーターと直接開発したCharacter Animatorは、クリエイターに制作手法を再考する機会を提供します。今回の最新リリースは、アドビの持つパフォーマンスベースのライブアニメーションツールに、より優れた効率性、柔軟性、およびワークフロー管理を実現します。

【2018年4月アップデート(ver. 2018.1)を適用すると、2017年10月アップデート(ver. 2017.0.x)を置き換える形でインストールされます。】

クリエイティブの新たな可能性

パーティクルの衝突:パペットと衝突や相互作用させたり、互いに積み上げたり、雪のように積もらせたり、ゆるく積み重ねたレンガのような山を崩したりできるパーティクルでシーンやパフォーマンスに活力を与えます。

パペットテンプレートの追加:既存のテンプレートを改良して、さまざまなビヘイビアーと属性を備えるアプリ内のパペットテンプレートを追加しました。手描きのようなキャラクターからコマ撮りの「クレイアニメ」のフィギュアまで、新しいアニメーションの美しさを探求できます。物理的性質とパーティクルの衝突を利用した「チキンブラスター」のパペットをご覧ください。

タスクの再利用:タイムラインの調整をシンプルにするために、パペットとプロジェクト間で行ったパフォーマンスのテイク(カット/コピー/ペースト)を再利用します。全種類のテイクがパペットとプロジェクトの間でカット、コピー、ペーストできます。テイクに関連したビヘイビアーが新しいパペットに適用されます。

より優れた制御とスムーズな変形で、レイヤーを曲げたりねじったりすることができます。シェイプにピンを追加して、強化されたパペットエンジンが必要なところにメッシュを追加します。

パペットのリグを強化

トリガーワークフローの簡素化:簡単な構造およびレイヤー管理で迅速にトリガーを作成、編集します。トリガーパネル内の新しい「ターゲットをドロップ」を使用することで、より直感的にスワップセットやトリガーを作成します。トリガーに関連したレイヤー名をクリックして、パペットパネルで直接レイヤーを表示し、パペットパネルにトリガーを含むレイヤーを管理できます。トリガーパネルの改良には、設定、レイヤー、矛盾するトリガーをより明確にする機能が含まれます。

ビヘイビアー管理の向上:パペットのリグを容易にするために、パペットパネルから直接ビヘイビアーを追加できます。ワンステップでパペット上のすべての既存ビヘイビアーを削除して、新しいリグビヘイビアーを適用することで、使いたい機能をパペットに追加できます。

ネイティブデータファイル(JSON、CSV、TSVを含む)のタイムラインへのインポートと利用が容易になります。パブリックAPIによって、サードパーティが他のデータファイル形式をサポートできます。最初にエクスプレッションを有効にしなくても、ピックウィップでデータへのリンクプロパティが容易になります。

精密なパフォーマンス

コントロールパネルの強化:コントロールパネルの改良によって、これまでになく迅速にキャラクターのポーズを決めることやアニメーション化することが可能です。新しいUIには、ユーザーの好みに応じてコントロールパネルの外観や機能を設定できる複数のオプションが備わっています。ユーザーはボタンのアートワークをカスタマイズして、パネルに直接、録画ボタンを設定できます。さらに、ダブルクリックすることでレイアウトからパフォームモードに切り替えることが可能です。

録画までのカウントダウン:3秒のカウントダウンを利用して、実際に録画が開始されるまでにパペット(およびパフォーマー)を準備し、録画の開始時点で希望する特定のポーズから始められるようにします。

シーンスナップショット:今回の最新リリースには、「シーンスナップショット」という新機能が含まれています。「シーンスナップショット」によって、キャラクターのさまざまなショットを容易に比較および調整して、迅速にテイク間のポーズを合わせることができます。

ビジュアルキーボードショートカットエディター:ビジュアルキーボードショートカットエディターを使用して、メニューコマンド、ツール、その他のアプリケーション機能に関連したショートカットを確認します。キーボードショートカットをカスタマイズして、迅速な編集を可能にします。After EffectsおよびPremiere Proと同じインターフェースを使用することで、キーボードショートカットをコマンドやメニューアイテムに割り当てたり、変更したりすることが可能です。

フォーラムへの参加

新機能や機能の更新について質問がある場合は、Character Animatorフォーラムに情報をお寄せください。機能のリクエストやバグの報告はこちらからお知らせください。

参考リンク:

この記事は、2018/4/3にポストされたMore Efficiency and Flexibility Comes to Character Animatorを翻訳したものです。

POSTED ON 2018.04.4

Products Featured

  • Character Animator

Tags

タグはありません