WindowsでのProRes書き出しに対応! Premiere Pro 13.0.2アップデートリリース #PremierePro #AfterEffects

Video

アドビは、本日Adobe Premiere Pro 13.0.2のアップデートを提供開始しました。今回のアップデートではなんとWindowsでの ProRes書き出しに対応。この対応を待ち望んでいた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

Premiere Pro 13.0.2アップデート内容

Apple ProResのサポート

13.0.2アップデートでは、ProRes 4444およびProRes 422フォーマットを含むApple ProResのエクスポートを、macOSとWindows 10の両方で対応しました。さらにPremiere ProのみならずAfter Effects CC 16.0.1、およびMedia Encoder CC 13.0.2でもエクスポート可能です。

*Prores 4444XQは未対応

HEIFファイル対応

iOSデバイスに記録されたHEIFファイルは、macOSおよびWindows上でPremiere ProおよびMedia Encoderにインポートできます。なお、この機能には、macOS 10.13以上、およびWindows 10(バージョン1809以上)が必要です。

Canon Cinema RAW Lightの再生向上

Canon Cinema RAW Lightの映像をより速くデコードすることで、マルチコアWindows 10マシンでの再生が向上します。

ProRes HDRフッテージのサポート

ProRes HDRフッテージのサポートにより、ProResコンテナのHDRメディアからRec2020およびPQ / HLGカラー情報を正確にインポートすることができます。

その他、13.0.2リリースではでは数多くのアップデートやバクの修正を行っております。

詳細については、「サポートされるファイル形式」を参照してください。このバージョンのPremiere Proで修正されたバグについては、「13.xリリースのPremiere Proで修正されたバグ」を参照してください。

POSTED ON 2018.12.11