ストーリーテリングはよりスマートなツールで。アドビのビデオ&オーディオ製品最新情報 #IBC2018

Creative Cloud Video

アドビはIBC 2018でビデオ&オーディオ製品の次期メジャーアップデートを発表します。このアップデートには、モーショングラフィックス制作ワークフロー、オーディオクリーンアップ、カラーグレーディング、キャラクターアニメーション、180度VR、および各製品の全体的なパフォーマンスを向上させる新機能と機能強化が含まれており、これまで煩雑な手作業にとられていた時間をより創造的なタスクに振り分けられます。アドビは洗練されたツールと柔軟で関係者をつなぐワークフローなど、ユーザーの皆さんがアイデアをストーリーとしてかたちにし、スクリーンに配信するために必要となるすべてを提供します。

優れたクリエイティビティを支える実用的なAI

Adobe Senseiを活用して自動化された機能が、クリエイティブコントロールを全く失うことなく生産性を高め、クリエイティビティを加速させます。Adobe Character Animator CCの新機能Characterizerは、どんなアートのスタイルでも生き生きとしたアニメーションキャラクターに転写し、動かすことができます。

インテリジェントオーディオクリーンアップツールは、録音された音声からノイズや残響を自動的に除去するAdobe AuditionPremiere Proの新機能です。アドビは、リミックス、自動ダッキング、カラーマッチ、自動リップシンク、モーフカット、Adobe StockコンテンツのビジュアルサーチといったSenseiに基づく機能を通じて、クリエイティブ領域に先進的テクノロジーを実用的なかたちで提供することでプロフェッショナルビデオ業界をリードします。

芸術性と効率性を兼ね備えたモーショングラフィックス制作ツール

動画によるブランド構築と認知拡大や、洗練されたモーショングラフィックスをほぼすべてのプラットフォームを通じて人々に提供するためのツールを完備しているのはアドビだけです。After Effectsで先進的なモーショングラフィックステンプレートを作成し、Premiere Proで動画コンテンツを編集、カスタマイズし、Adobe Stockにあるプロがデザインしたテンプレートを利用できます。モーショングラフィックステンプレートは、高い柔軟性、効率性とクリエイティブを支援する機能をあらゆるアーティストと動画編集者に提供し、他のツールでは不可能な高レベルな動画制作を可能にします。

Project Rush:「どこでも映像編集」を可能にするプラットフォーム

Project Rush(ベータ)は、高度なカラーとオーディオおよびモーショングラフィックス機能を備え、プロフェッショナル品質の動画を作成、公開できる、現状の動画編集プラットフォームの機動性を拡張するまったく新しいモバイルアプリです。共通のインターフェイスとバックグラウンド同期機能により、モバイルデバイスとデスクトップシステムの状況に応じた使い分けが簡単です。Premiere Proと同じ基本設計を採用しているため、Project RushプロジェクトをPremiere Proで開き、さらなる編集を加えることもできます。Premier Pro、After EffectsAuditionの基盤となっているアドビのコアテクノロジーの上に構築されたProject Rushを使えば、コンテンツのキャプチャ、編集、オンライン公開といったタスクを、どこにいても行うことができます。

ストーリーを色彩豊かに

Lumetriツールは、カラーとライティングという要素を動画編集ワークフローに組み込みます。そのためカットとカラーの調整を同時に単一の制作環境で行うことができます。Premiere ProとAfter Effectsの新しいセレクティブカラーグレーディングツールを使えば、カラーのカーブの調整から勘による作業をなくし、より正確な色調整を簡単かつ効率的に行えます。

また、モニターのカラーマネジメントを有効にすれば、rec709、P3、rec2020ディスプレイを自動検出し、Windows 10 ProおよびmacOSワークステーションがそれぞれ対応するカラースペースを適用できます。

アニメーション制作におけるイノベーション

サーフェスの変形や造形、3Dエレメントの合成、顔の表情でコントロールできるアニメーションをより簡単かつ迅速に作成できるワークフローなどの新たなツールで、After Effectsをより高度に使いこなしましょう。メッシュ編集ツールを使えば、アートワークに繊細で自然な動きを与えられます。新しいパペットピンツールを活用すれば、捻りや曲げあるいは拡大縮小の動きを画像に加えられます。さらに、深度パスにより、空間上に3Dオブジェクトを配置したり、奥行きのあるエレメントをシーン内に追加することがより簡単に行えます。

180度VRのためのエンドツーエンドワークフロー

視聴者をアクションの中心に引き込むイマーシブな動画制作を、新たにサポートされた180度VRから始めましょう。取り込みの最適化、動画編集およびエフェクトの各機能は、単眼立体視と双眼立体視の両タイプのコンテンツに対応し、完成した動画はYouTubeなどのプラットフォーム上で視聴できるGoogle VR180フォーマットで書き出せます。

Adobe Creative Cloudによるワークフロー統合

Adobe Creative Cloudは各種ツールを統合し、チームを連携させ、メディア横断の発信を可能にし、いかなるデジタルコンテンツの制作にも対応できるプラットフォームです。PhotoshopAdobe XDをはじめとするトップクラスのデザインアプリケーションをすべて含み、その相互連携機能も標準で組み込まれています。Adobe Stockの検索機能も強化され、必要な画像やグラフィックスが見つけやすくなりました。進化を重ねたCreative Cloudライブラリはアセットをより効率的に整理します。チームプロジェクトの招待機能が強化され、世界中の仲間とのコラボレーションがより簡単になりました。あなたの使い慣れたクリエイティブツールセットは、数百ものサードパーティ製プラグインや拡張機能および最適化されたハードウェアとの統合によって拡張することができます。

アドビのビデオ&オーディオツール向けのサードパーティ連携を、新しく提供開始されたPartner Finderでぜひご確認ください。

各製品のアップデート内容は以下のサイトをご覧ください。

参考リンク

この記事は2018/9/12にポストされたStorytelling with Smarter Tools – What’s Next for Adobe Video & Audioを抄訳したものです。

POSTED ON 2018.09.12

Products Featured

  • Adobe Stock
  • After Effects
  • Audition
  • Character Animator
  • Premiere Pro

Tags

タグはありません