Adobe XDをもっと使いこなすヒント! 第7回 プロトタイプモードでのワイヤーのコピーと削除

Creative Cloud UI/UX & Web

この連載では、Adobe XDを便利に使うための様々なテクニックを、Adobe XDチームのツイートからピックアップしてご紹介します。今回は、プロトタイプモードのワイヤーの操作に関連する機能をテーマに、4つのツイートを取り上げます。

Tip 1. プロトタイプモードで遷移のワイヤーをコピーする

プロトタイプモードで作業する際、遷移先が定義されている要素をコピー&ペーストすると、遷移情報もコピー先の要素に複製されます。
上のビデオでは、真ん中のアートボード下部の要素を右側のアートボードの同じ位置にコピーしています。ペーストした瞬間に、左側のアートボードから右側のアートボードにワイヤーがつながる様子が分かります。

ワイヤーも一緒にコピーしたくない場合は、デザインモードに切り替えてコピー&ペーストを行います。

Tip 2. プロトタイプモードでワイヤーを削除する

不要なワイヤーを削除したい場合は、ワイヤーの端にあるハンドルをドラッグします。すると、上のビデオのように、ハンドルの先から出ていたワイヤーが消えます。ハンドルは遷移先でも遷移元でも構いません。

もちろん、パネルを開いて、遷移先を「なし」に設定すれば、ワイヤーを削除できます。上のビデオは古いため設定パネル内の配置が最新版のXDとは異なりますが、ご参考までにご覧ください。

Tip 3. 複数のワイヤーを一括削除する

上で紹介した2つの方法は、複数個所から遷移先に指定されているハンドル(複数のワイヤーが集まっているハンドル)には利用することができません。また、一つ一つ消していくのが面倒な場合もあるでしょう。そんなときは、デザインモードでカット&ペーストを行うと便利です。

上のビデオでは、デザインモードに切り替えてからすべての要素を選択後してカット、その後にペーストを行うことで、全ワイヤーを一括削除しています。プロトタイプモードに戻ると、ワイヤーがすべて削除されていることがわかります。


いかがでしたか?
これは便利そうだ!という使い方はあったでしょうか?

次回をお楽しみに!

POSTED ON 2018.08.30

Products Featured

  • Adobe XD

Tags

タグはありません