Acrobat DC新機能(2016年5月リリース)を紹介。注釈ツール、BoxやOneDriveとの連携、スキャン時の機能追加など #AcrobatDC

Document Cloud 製品情報

Acrobat DCの新機能を2016年5月にリリースしました。今回のリリースでは、バグフィックスやセキュリティパッチだけでなく、ユーザーの皆さんが日々の業務をより円滑に行うための数多くの新機能が追加されています。

サブスクリプション版Acrobat DCをアップデートすると追加される主な新機能は以下の通りです。

  • 注釈ツール
    デザインが一新されたタッチフレンドリーなインターフェースで、素早く明確なドキュメントレビューを行うことができます。注釈の閲覧やコメントの書式変更を簡単に行うことができ、モバイルでは入力可能なテキストフィールドをタップするだけでキーボードを起動できるようになりました。ノート注釈については、すべての返信を1つのスレッドにまとめることで、誰が誰に何を言っているかが明確に分かるようになりました。また、注釈のツールバーをカスタマイズして、PDFに注釈を加えるときに頻繁に使用するツールだけを常に表示することができるようになりました。
  • BoxとOneDriveへのアクセス
    Acrobatから簡単にBoxまたはMicrosoft OneDriveにアクセスし、PDFを保存することができます。いずれかのアカウントで接続し、AcrobatでPDFを開き、編集し、終わったらそのアカウントに保存することができます。
  • スキャナーからPDFを作成する際の機能を拡張
    大量の書類をスキャンしてPDFを作成する場合のワークフローが一新されました。サイズや品質を選択するスライドバー、オプションを定義するシンプルなプルダウンメニューとチェックボックス、詳細設定への簡単なアクセスといった、ベストなスキャンを実行するために必要なあらゆるオプションをひとつの画面に集約しています。
  • 新登場のダークテーマ
    Acrobatの画面色をライトグレーとダークグレーの2種類から選べるようになりました。[表示]メニューの[表示テーマ]で選択できます。新しいテーマで表示するには、Acrobatを再起動する必要があります。
  • アクセシビリティの向上
    スクリーンリーダーがホーム画面と[名前を付けて保存]のダイアログボックスのオプションを読み上げることができるようになりました。これによりすべてのユーザーのアクセスを高めます。

これらに加え、AndroidデバイスでのDropboxへのアクセス、Windows Explorerの64ビットサムネイルプレビュー、などのアップデートが含まれています。詳細については、What’s Newをご覧いただくか、実際にAcrobat DCを起動して体験してみてください。

Acrobat DCをまだご利用でない方は、無償体験版をお試しください。

POSTED ON 2016.05.16

Products Featured

  • Acrobat DC