Adobe XD 2020年8月アップデートリリース!マルチフローのサポート #AdobeXD

Creative Cloud UI/UX & Web

Adobe XDではこの度、1つのプロジェクトファイル上に複数のデザインフローを作成して共有できるようになりました。この新機能「マルチフロー」を使えば、デザインの異なるバージョンをやりとりするための反復的な管理作業を減らし、本来のデザインにより多くの時間を割くことができます。

1つのデザインの異なるバージョンをいくつか作成し、それぞれを異なる人々に共有することはよくあります。初期段階の複数のドラフトをチーム内で共有する、クライアントのためにレビューしてほしいポイント、プラットフォーム、言語などが異なる複数案を作成するといったケースがそれにあたります。ほとんどのツールでは、そのためにデザインを複数のページやファイルに分割しなければなりません。ところが、異なるバージョンで同一の画面を共用する場合、その画面の複製を作り、そこに変更を加えるたびに全バージョンで同期をとるための更新作業が発生します。これでは、多くの時間と労力を無駄にしてしまいます。

このようなとき、複数バージョンのデザインを柔軟に管理できる方法が必要です。さらに、異なるバージョンをそれぞれに適した相手に、余計な手間をかけずに共有するための、適切なコントロール方法も必要になります。そこでマルチフローの出番です。

マルチフローを使えば、異なるバージョンのデザインを複数作成して共有するまでの作業を1か所でまとめておこなえます。つまり、アートボードを異なる方法でワイヤー接続したセットを複数作成し、それぞれに固有のリンクを割り当てて共有することが可能になるのです。このとき、複数のプロトタイプが同じアートボードを共用できるため、バージョンごとに何度も複製する必要はありません。さらに、デザインの変更や、それに伴うリンクの更新もすべて1か所ででき、誰もが最新のデザインにアクセスできる状態をシンプルに維持できます。

使い方の手順は次の通りです。Adobe XDでプロトタイピングをする際に、複数の「ホーム」アートボードを設定し、それぞれに異なるフローを定義します。「ホーム」アートボードは各フローのスタート地点となり、そこに他の画面をドラッグ接続してフローを作成します。同様に、別のバージョンを作成したい場合は2つ目のホームアートボードを設定し、画面を接続していきます。このようにすれば、異なるフロー間で同じ画面デザインを共用でき、無駄な複製を作らずに済みます。各フローに「登録」、「ログイン」、「モバイル」、「デスクトップ」、「タブレット」といったように名前を付け、管理しやすくすることもできます。

フローを作成したら、共有モードに切り替えてリンクを公開します。すると、カンバス上には作成済みのフローすべてがリストされます。フローのどれか1つを選択すると、そのフロー内のすべてのアートボードがハイライト表示され、何を共有するのかが一目瞭然です。「リンクを作成」をクリックすれば、レビューやフィードバックのための共有リンクが生成されます。リンクの最終更新日時も表示されるため、デザインの変更や、改善作業をしながらそれらが共有済みかどうかをいつでも確認できます。

マルチフローは、Adobe XDの最新バージョンをお使いの方なら誰でも利用可能です。最新バージョンへのアップデートはこちら、まだお持ちでない場合は最新バージョンのAdobe XDをダウンロードしてください。

今月のアップデートに含まれる、マルチフロー以外の新機能もいくつかご紹介します:

一瞬でモードを切り替えられるキーボードショートカット:デザイン、プロトタイプ、共有モードを切り替えるショートカットをサポートしました。デザインモードへの切り替えはAlt+1(Windows)またはOption+1(macOS)、プロトタイプモードならAlt+2またはOption+2、共有モードではAlt+3またはOption+3を押します。

コピーライティングとローカリゼーションのためのAdobe XDプラグイン:コピーライター、コンテンツストラテジスト、ローカリゼーションチームとのコラボレーションに役立つ強力なプラグインを厳選しました。Adobe XDでさまざまなエクスペリエンスをデザインする際に、実際のテキストを読み込んでデザインを検討したり、テキストへの変更をデザインに反映させたり、最新版のコピーを使ってデザインすることができます。また、翻訳済みのコピーをプレビューすることもできます。プラグインはこちらで確認し、インストールすることができます。

Microsoft TeamsおよびCreative Cloudとの統合強化:統合機能も最新バージョンでアップデートされ、Teams内からのCreative Cloudファイルへのアクセスや共有が簡単になり、新しいコメントが付けられたときやクリエイティブファイルへのリンクが変更されたときなど、ファイルのアクティビティに関する通知を受け取れるようになりました。統合機能のアップデートの詳細についてはこちら(英語)をご覧ください。

Slack for XDプラグインでSlackに投稿:Adobe XDから離れることなく、Slackにリンクや添付ファイルを投稿できます。投稿したいものを選択し、投稿先のチャンネルまたはダイレクトメッセージを選択して、メッセージを作成するまでのすべてが、Adobe XDのプラグインパネル内で完結します。Slack for XDプラグインは無料で、こちらからダウンロードできます。

この記事は8月25日(米国時間)に公開されたAugust 2020 release of Adobe XD: Introducing multiple flowsの抄訳です。

POSTED ON 2020.08.25

Products Featured

  • Adobe XD

Tags

タグはありません